海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

◆Date:2006年09月
Next ≫

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

巡視船「りゅうきゅう」 ジャカルタ一般公開 (沖縄伝統芸能編)

2006/09/14

 「りゅうきゅう」 は那覇に本部を置く第11管区の巡視船ですから 乗組員に占める沖縄出身者の割合はかなり高いそうです。 そこで 11時半より約30分、乗組員の方による沖縄伝統芸能である 三線(サンセン)の演奏や エイサーと呼ばれる沖縄風盆踊り(?)のご披露がありました。 (エイサーに関してはこちらをご参照ください

  三線(サンセン)というと最近みたドラマ「瑠璃の島」を思い出します。

 写真の左上の方が 三線隊(?)の隊長さん。 少し、松崎しげるににているとおもいませんか?  で、右上の方がリード三線(?)兼リード・ボーカル。 お一人だけ三線というより六線です。(12弦ギターと同じ種類のもの) はじめて見ました。 下の二人の女性が「りゅうきゅう」でみかけたただ二人だけの女性乗組員の方です。 この4名の方が前列でしたので、多分 上手な人が前にでるのが普通だから名人?なのでしょう。

 さて いよいよエイサー隊の登場です。 先の女性2人も三線隊を離れてこちらに参加です。

  エイサーは本土の盆踊り的な意味合いをもつもののようですが、こちらの方が勇壮でずっと派手です。  大太鼓締太鼓 (左写真)の他、バーランクと呼ばれる小太鼓?(列の後ろのほうにいたので写真にはちゃんと写っていません) のほか、本場では旗頭と呼ばれる団体の旗持ちが加わります。 「りゅうきゅう」チームは予行演習を含めてまだ2回目なのだそうで、まだこの旗は用意されていなかったようです。 

 おもしろいのはチョンダーラと呼ばれる一種の道化みたいなものが参加するところです。 「りゅうきゅう」チームにもちゃんと3名いらっしゃいました。 地元報道陣にエイサーはもとより このチョンダーラーもかなりうけていました。

  海龍たちは 飛行長さんのみなさ~ん、もっと前にでてくださ~い!の声に即応して一番前でヘリの飛行甲板に座ってイいたのですが、最初はどうってことなかったんですけど、そのうちお尻が熱いのなんのって。 良く考えたら 飛行甲板ってかなり厚い鉄板なんですよね。 だから鉄板焼きの板の上にお尻をおろしているようなもの・・・ お尻にヤケドしちゃいました。



スポンサーサイト
[巡視船「りゅうきゅう」 ジャカルタ一般公開 (沖縄伝統芸能編)]の続きを読む

[2006/09/14 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 巡視船 編
  3. | コメント:0

| 次のページ >>

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。