海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

◆Date:2006年10月
Next ≫

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

アンボン 遠征 (その1) 位置関係

2006/10/30

 レバランの休暇を利用して 今年は アンボンに10月24日から10月29日まで遠征してきました。

  アンボンはスラウエシ島とニューギニア島とに挟まれた海域にある スパイス諸島、マルク州 (現在ではマルク州と北マルク州に分割されている)の州都 アンボン市のある島で、ジャカルタからは飛行機搭乗時間で約4時間(実際にはトランジットがあるので5時間近く)に位置しています。


この地は1999年から2000年にかけてイスラム教徒とキリスト教徒の間でかなり血なまぐさい紛争のおきた場所で現在でも外務省では渡航延期勧告がでているところです。 (アンボンでの紛争についてはこちらを参照ください。) その為、長い間 eaDragon としても アンボン遠征を見合わせていたのですが、かんり落ち着いてきており、現地ダイブ・センターも今年から活動を再開したという情報があり 今回の遠征を実施することにしたものです。

 かつてアンボンには Ambon Dive Center というのがあったのですが、 アンボンでの紛争でお客がこなくなり長い間閉店となっていました。 今回は 今年のSingapore でのADEX で知り合ったアメリカ人の経営する Maluku Divers というところに お世話になることにしました。 現地に行ってから現地スタッフから聞いたのですが、Maluku Divers は閉店した Ambon Dive Center をこのアメリカ人が買い取ったものでした。
 
 アンボン島のすぐ北にセラム島という日本の四国位の大きさの島があり、アンボン島はそのすぐ南にあります。 大きさは淡路島くらいの大きさなのですが、どうしてもセラム島との関係で実際以上に小さいというイメージを持ってしまうのですが それなりに大きな島であると今回は実感しました。 従って ランド・ベースでは ものの本に載っているダイブ・スポットのごく一部しか廻れないということが行ってみて初めて判った次第です。 それでも遠いところには スピード・ボートで1時間半程度かかります。  やはり この海域は クルーズ船で廻らなければ その良さは判らないでしょう。




がモノの本にでていたダイブ・サイト。 青が実際に潜ったサイト。緑Maluku Divers です。


スポンサーサイト

[2006/10/30 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

| 次のページ >>

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。