海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

◆Date:2008年04月

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

やっと首都高速 環状線の 補修工事が始まった・・・

2008/04/09

昨年8月の火災で 内回り1車線規制、外回り2車線規制となっていた 首都高速・環状線の ジュンパタン・ティガ 付近の補修工事がやっと今週の月曜日から始まった。  実に火災から8ヶ月である。 ダメージ調査・補修方法の検討・入札など それなりに時間が必要なのは当然なのだが、あまりにも酷い対応だ。 

 この間 この区間はかなり渋滞が酷かったのだが、工事が始まったら 更に渋滞が酷くなった。 もともと車線規制があって それ自体は変っていないはずなのに なぜ渋滞が酷くなったかと言うと、実は大型車両の通行規制の取扱がある。  

 もともと トラック・バスなどの大型車両は 迂回路を廻るように標識はでていたのだが、ほとんどの大型車両はこれを無視していた。 ダーメージ箇所の重量制限と言う意味でこれは重要なことだったのだけど 道路当局はいい加減な形だけでお茶を濁していたのだ。 実際に工事を開始するに当たって、これは多分 請負工事業者が実行したのだろうと思うのだが 規制車線部分に ゲートを設置 (上の写真) して高さ制限をすることによって 物理的に大型車が通過できないようにしたのだ。 これを知らない大型車の運転手が従来どおり 規制を突破しようとして出来ないのを知り、急遽車線変更をしたりするので 渋滞が悪化しているのだ。  

 上の写真は 本日の朝8時過ぎに撮影したもので まだ トラック類が少ないののさほど渋滞していない。 左側の出口に向かう進入路は 最終的な大型車の逃げ道。 実は この手前50mくらいのところで迂回路への分岐点があるのだが、これを従来どおり無視して突っ込んでくるトラック類が多いので この逃げ道が作られている。


 本日のジャカルタ新聞に 関連記事が出ていたので 下記に載せておこう。

港高速が大渋滞

補修工事が長期化 ジュンバタンティガ 飛行機乗り遅れ続発

2008年4月9日 ジャカルタ新聞
昨年八月の火災で損壊した北ジャカルタのジュンバタン・ティガのウィヨト・ウィヨノ高速入り口の修復工事が七日開始された。この工事の影響で、ジャカル タ市内からスカルノハッタ空港へ向かう同高速道の渋滞が悪化した。 工事区間を通過するのに三時間以上かかるケースもあり、飛行機の出発時間に間に合わな い 人も続出した。八日は渋滞緩和のためバスやトラックの通行が規制されたものの、渋滞は続いている。

 同高速道を運営するチトラ・マルガ・ヌサプハラ・プルサダ(CMNP)社によると、この工事は七月中旬まで続く。同社のフダヤ・アリヤント業務部長は地元メディアに対し、「夜間も工事を続けており、これ以上、工期を短くすることは不可能」と語った。
 工事区間は片道三車線だったのが、現在、一車線になっている。七日夕は工事を知らなかったドライバーで大混雑になり、工事現場のジュンバタン・ティガを通過するのに三時間以上かかった人もいた。

 渋滞で飛行機に乗り遅れた人も多く、南スマトラ州パレンバンに向かう予定だったブルマンさん(四〇)は「チケットを買い直さざるを得なかった。こうして一般市民が損をしている」と話した。

 八日はバス、大型トラック、トレーラーの通行が規制されたが、渋滞は続いている。

 スカルノハッタ空港内の事務所がある郵船グローバル・ロジスティクスのリブット・ブディアティさんは「朝は問題なかったが、昼前に工事現場周辺を通過した同僚は、路肩を無理に走行しても普段より一時間多くかかった」と語った。

 CMNP社はパンフレットを配布するなどして、う回路の使用を薦めているが、う回路として使用されているジュンバタン・ティガ通りなども混雑している。 

 昨年八月七日、不法居住者が多く住むジュンバタン・ティガで大規模な火災が発生。ウィヨト・ウィヨノ高速道の道路や柱が損傷して、鉄骨がむき出しになっていた。同高速道の強度は低下しているとみられ、補修工事が急がれていた。


 関連 記事
  1. 08/13 プルイット立体交差に崩壊の恐れ!?
  2. 08/15 高速道路 火災ダメージ 続編
  3. 08/22 高速道路 高架下の不法占拠住民
スポンサーサイト

[2008/04/09 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 時事
  3. | コメント:0

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。