海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

◆Date:2009年07月
Next ≫

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

PDI‐Pはなぜ まだ「メガ」を担ぐのか・・・?

2009/07/15


 かつて スカルノ大統領の娘である メガワティは スハルト独裁政権に対する 反スハルト・民主化路線のシンボル的存在に祭り上げられていた。 元々 スカルノは 『独立の父』 であり 最後はちょっとお味噌をつけたものの一般民衆の間では いつまでも Hero であった。

 スハルト政権後半になって TOSHIBA と称される息子達のスハルトの名を最大限に利用した横暴があまりにも目に付くようになり『開発の父』の称号も色あせていった中で メガワティがシンボルとして登場してくるわけだ。

 実際 彼女のとりえは 「スカルノの娘」というだけで、最初の頃は 単に「メガワティ」 だったのが いつのまにか うしろに 「スカルノの娘」の意味の Sukarno Putir という称号を付ける様になった。 まさに それしか売りがないというのが見え見えの戦略なのだ。

 当初は 神輿を担いだ連中には かなり優秀な人材が多かったように思う。 スハルトの意に反して干されていた優秀な人材は メガ側にいくしかなかったのだから。 だから PDI としての 経済・金融政策などは それらブレーン達が考えるので 日本の民主党のマニュフェストよりも出来が良いくらいだったように思う。

 メガ本人が 単なる叔母ちゃんであって 政治向きにはお馬鹿さんにすぎないことを理解していた側近たちは なるべくメガには話をさせない、VISUAL ONLY 作戦 をとって 当初は これが成功していたのだが・・・

 が、たいしたオツムもないのに これまたお馬鹿なでじゃばり亭主が 側近の中心になるようになった 他の優秀な連中が離れていったように見受けられる。

 2004年でSBYが大統領に当選した段階で 民主化のマドンナ「メガ」の神輿としての魅力はなくなったはずなのに それでもなお メガを担ぐPDI。 人材不足なのか メガの神輿効用を未だに信じているのか ???

 メガがグスから大統領職を譲られてからの 政治というのは ある意味で日本の村山政権のように負の財産の側面がある。 まともな有権者は メガでは駄目だということを はっきりと 知ったはずだ。 今回もTV討論会では メガはボロボロ。


 にも拘らず 今回の選挙で カラ組を破り 2位につけている。  田舎ものたちには メガは 未だに神輿効果があるのだ、これがインドネシアなのだとあらためて 思い知らされた。 その意味で PDI 選挙対策幹部達が的確な判断をしていたことになる。

 でも それだけで 大統領になれるほど インドネシア国民も馬鹿ではなかった! ということで インドネシアも 捨てたものではないと 書いておこう。

 それにしても PDI はそろそろ メガを捨てないと 小沢氏が加わる前の民主党状態を脱却できないと思うのだが。



別に アンチ・メガでも プロPDI でもないのだが ちょっと不思議だったので 書きなぐってみた次第。


スポンサーサイト

[2009/07/15 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 時事
  3. | コメント:0

| 次のページ >>

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。