海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

◆Date:2010年05月
Next ≫

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

スリ財務大臣 辞任 - NNA 報道

2010/05/09

★ スリ・ムルヤニ・インドラワティ 特集    

  NNAでは 6日付けで 下記のように報道されています。


財務相が今月末で辞任へ、後任は未定

5月6日8時30分配信   

 スリ財務相が今月末で辞任することが明らかになった。世界銀行のロバート・ゼーリック総裁が4日に、同相を世銀ナンバー2となる専務理事に指名したとの 声明を発表。ユドヨノ大統領が追認する格好となった。来月からの次期財務相は未定で、市場で外国人投資家からの信頼感が高かったスリ財務相の辞任で、外国 資金の流入が停滞する可能性もある。

 世銀は4日の声明で、スリ財務相を総裁に次ぐ3人体制の専務理事の1人に指名したと発表した。6月1日に就任し、同月30日に任期を終えるフアン・ホ セ・ダボーブ氏との引き継ぎを行うという。
 
 インドネシア時間5日の発表を受けて、総合株式指数(IHSG)や外国為替レートでのルピア相場が下落している。
 
 財務相は午前に世銀の専務理事就任を受け入れたことを明らかにし、大統領の最終的な判断を待っていると語った。これに対し、ジュリアン大統領報道官は、 財務相から辞表は提出されていないと発表。政権内での準備が整っていなかったことを露呈した。
 
 大統領は午後に緊急記者会見を開き、同日に財務相からの辞表を受理したと発表した。世銀からは先月にスリ氏を専務理事に指名したいとの要請を受けたと明 らかにした上で、正式な文書の提出を求めたと語った。ゼーリック総裁本人と財務相自身の意向を直接聞いて、専務理事への就任を容認したと説明した。世銀の ポストについては、戦略的で重要との見解を示している。
 
 また任期いっぱいは財務相が内政に注力し、職務をまっとうすることを期待していると語った。ただ後任となる財務相については言及しなかった。
 
 ■後任を様子見か
 
 ジャカルタで同日にインドネシア経済に関するセミナーを開催した三井住友銀行市場営業統括部(シンガポール)シニア・エコノミストの吉越哲雄氏は、スリ 財務相について、財務相や経済担当調整相、中央銀行総裁を歴任したブディオノ副大統領以上に「外国人投資家にとってのアイコン」と説明。同日の株価の下落 は、ギリシャ財政危機をめぐり、前日のニューヨーク市場が下げた影響もあり、すべての下落要因を財務相の辞任に求めることができるかは不明と述べた上で、 後任の財務相が決まるまで外国人投資家が様子見の姿勢を取る可能性が高いと予想した。
 
 昨今のインドネシア市場への資金流入は「尋常でなかった」と指摘し、後任の財務相の政策が不透明な中で同様の事態が続くことは予想し難いと話している。
 
 ■世銀、汚職対策も評価

 
 スリ財務相は、上場銀行バンク・センチュリー(現バンク・ムティアラ)の救済策をめぐり国会と対立を深めており、3日の今年度補正予算案の本会議採決で は、政府を代表したのが同相だったことから、救済を失策と決議した国会の勧告を政府が尊重していないとして野党の闘争民主党と国民純心(ハヌラ)党の議員 が途中退席する場面もあった。
 
 また、反汚職委員会(KPK)から同行の救済について4日に2度目の事情聴取を受けている。6時間の聴取後の会見で同相は前回の聴取と質問内容は同じ だったとして、提出した資料の再確認を行っただけと述べていた。
 
 国内的な圧力がかかる中で、世銀は財務相が世界的な金融危機にあっても、インドネシア経済を成功裏にかじ取りしたと称賛。主要な改革を実施したことに、 世界の財務相が敬意を表していると説明した。ゼーリック総裁は、財務省での汚職撲滅運動や統治向上は世界的な認知を得ていると述べ、同相が世銀に貧困問題 を抱える中間所得国での経験を生かすことを期待していると説明した。
 
 スリ新専務理事は、東アジア太平洋、南米・カリブ海、中東・北アフリカの3地域を担当するという。
 
 同日のIHSGは3日続落。終値は112.78ポイント(3.8%)安の2,846.24と3,000ポイント目前から急落した。為替相場は前日の1米 ドル=9,020ルピア水準から9,050ルピア水準までルピア安が進んでいる。
     






★スリ・ムルヤニ・イン ドラワ ティ 特集   
 


スポンサーサイト

[2010/05/09 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 時事
  3. | コメント:0

| 次のページ >>

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。