海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

ジャカルタ 大洪水 7日目 水が引く

2007/02/07

ジャカルタの大洪水も 今日で7日目を迎えました。 昨日は 太陽もまぶしいばかりの晴天となり 夜間にも少なくとも ジャカルタ北部では降雨もなかったので これは・・・ と思っていたら 今日から大幅に水が’引き始めました。

SeaDragon 所在地の Benhil 周辺でも 本日 お昼の段階で 完全に冠水部分はなくなりました。  周囲の河川・放水路も昨日よりも1米以上は 水位が下がっています。 これで 今晩 雨がなければ 完全に落ち着いてくることでしょう。

ところがなんです。 停電は相変わらずで 今日で5日目となりました。 SeaDragon 周辺は全く冠水していません。 水没していた地域の住民は ともかくとして  SeaDragon 周辺の住民も目にみえるところで冠水しているので 今日まではがまんしていた (PLNの冠水して漏電の危険があるので 送電を停止している という説明に納得していた) ものの、 水が引いても通電しないのはなにごとだ!と  騒ぎ始めています。 2007年2月7日 午後5時半 この段階で まだ停電中です。 どうも やっぱり地域の変電所で何かあったようです。

 BENHIL 周辺というのは 大昔からジャカルタ水道局の 大規模漕水場があった場所で (今でも一部残っていますが) SeaDragon 周辺というのは 水道局の中級ー上級職員用の官舎があった場所です。 ですから SeaDragon 前の Jl.Bendungan Jatiluhur  も一見 住宅街のように見えるのですが、 ジャカルタ最大のビジネス街であるスディルマン通りのすぐ裏にあたるため 実は普通の家に見えても 7割以上が コンサルタント系を中心とする事務所となっているのです。 で、 今日は それらの事務所が 玄関横でいっせいに (うちもなんですが) 自家発電機を回し始めたものですから いつもは静かな住宅街風たたずまいが 音だけは 大通りのようなありさまになってしまいました。 自家発電といっても オフィス・ビルのように 電力の完全供給はできないので AC はどこも使用していないようで 取り合えずの洪水 後処理に追われている様子です。

右上の写真: 5日(月)に グロドックで強奪するように購入してきた中型自家用発電機。 一応 エンジンはホンダ製。

SeaDragon での損害は なんと言ってもアクアリウムです。 停電で循環装置が動かせなかったので瀕死になっていたイソギンチャク類は昨日の段階で分離していたのですがそのうちの何個かが 岩の下がわに 移動していてスタッフが見落としたらしいのです。 これが 多分昨夜あたりについにご臨終となり水質が一気に悪化し、魚の大半が死亡してしましました。 この中には あの 珍種の バンガイ・カーディナルもいたのに。 マンダリン・フィッシュの消息はまだ不明です。  本日の我がスタッフは アクアリム・ショップの店員にはや代わりして 現在も奮闘中ですが、 落ち着いたら海水の総入れ替えでもするしかなさそうです。

左上写真: 写真ではそれほどひどくなさそうに見えるが 通常はアクアリウムの後ろ側のワークショップ内に展示してある沈船お宝やポスター類が見える。 本日の午前中のアクアリウム内透明度なんと2m程度。




ジャカルタ洪水 シリーズ



 






 

[2007/02/07 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 2007年 洪水編
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。