海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

ジャカルタ大洪水 8日目 また雨だ・・・

2007/02/08

洪水8日目です。 夜中の2-3時ごろ また激しい雷雨があったので せっかく昨日水が引いたのにまた冠水するか・・・と思っていたら やっぱり冠水しました。

SeaDragon のある BENHIL地区では早朝の段階では数日前と同様に1mくらいの冠水だったようです。 ただ今回は 海龍が店舗に到着した11時ごろにはほとんど引いていました。 途中のジャカルタ首都高速道路からみた状況では河川・放水路の水位は上のり部分から2m位下で全体として水位はさがっているようです。 でも グロゴールの交差点は相変わらず冠水していました。

まだ停電です。 これで停電も7日目となりました。 そもそもどのあたりまで停電しているのか定かでありません。 海龍の自宅周辺は 初日より全く問題ありませんし、女房の事務所周辺も問題ありません。 オフィスビルやショッピングセンターは大型自家用発電機があるので 実際に通電しているのか 停電しているのか よく判りません。

CNNの報道によると 市内の大半が停電とありますが、 感覚的にはそれはないでしょう~ というところです。 やっぱり 変電所がかなりやられているようです。 Yahoo で5日付けの NNA発の下記の記事を見つけました。 これによると15%が停電とあります。 全然 数字が違うじゃないですか! 本当のところどうなんでしょう ???

【インドネシア】
首都圏大洪水、固定電話7万回線が不通

2月5日8時0分配信 NNA 

 ジャカルタで2日未明から発生した大規模な洪水で、南ジャカルタ・ガトットスブロト通りにある国営通信テルコムの通信設備が冠水したことから、南ジャカ ルタ・クニンガン地域、スディルマン通り沿いを中心に計7万の電話回線が不通になっている。洪水では2002年の大洪水時の13人を超える20人が死亡し ている。

 NNAがテルコムのハルシャ副社長(投資家向け広報担当)に確認したところによると、スディルマン通り沿いにあるジャカルタ証券取引所(JSX)、ジャカルタ警察、閣僚の住宅地域を最優先して復旧作業を行っており、5日の回復を目指しているとしている。
 
 経済への影響も大きいと予想されることから、当面は修復作業に集中するとの見解を示し、現状では被害額については不明と述べている。
 
 不通になっているのは市内局番「5」で始まる電話番号の回線が中心とされるほか、インターネットの通信設備も同様に冠水しており影響が出ている。
 
 リパブリカが伝えたところによると、携帯電話サービス最大手テルコムセルが首都圏に設置している3,362カ所の基地局(BTS)のうち379カ所が機能しておらず、約500万人の利用者に影響が及んでいるもようだ。
 

 また、携帯電話サービス2位のインドサットのアディタ広報部長は、東・西ジャカルタの一部で国営電力PLNからの電力供給不足の影響が発生しているものの、蓄電と自家発電でカバーできているとしてサービスに影響はないとしている。
 
 同3位のエクセルコミンド・プラタマ(XL)では、電力供給の不足から首都圏約100カ所に影響が及んでいる。ただ、自家発電で賄っており、同社のインフラには問題はないとしている。回復見通しについては「PLN次第」としている。
 
 ■感電死も
 
  洪水では、感電などにより20人の死亡も確認されている。また、ジャカルタ、西ジャワ州ブカシ、バンテン州タンゲランの各地で避難を余儀なくされている住 民は20万人に上るとみられている。02年にも大洪水を引き起こしたとされる南ジャカルタのマンガライ水門が4日未明に開かれている。中央ジャカルタの在 インドネシア米国大使館も影響を受けているという。
 
 ジャカルタ特別州のリトラ秘書官は、避難住民は最寄りの場所でそれぞれに避難する傾向があるため、州が指定した公式な避難所に住民を集めることは困難と発言。避難所が分散していることから食糧の分配や輸送を公平に行うことが難しくなっているとした。
 
 一方、ユスフ副大統領は3日、洪水は地方政府によって克服できるとの見解を提示。特に同州は洪水被害の解決に充てる十分な資金力を備えているとして、損害が予想以上に大きい場合に限り、中央政府が支援を行うと述べている。
 
 一方、ジャカルタのスティヨソ知事は、ジャカルタの上流地域の開発で、貯水池などが中他地区に転換されたことなどが洪水の拡大につながったとの見解を示した。これに対しウィトゥラル環境担当国務相は、ジャカルタ政府がショッピングセンターの建設許可を乱発して、貯水池を転換していることが問題と主張している。
 
 ■7万世帯で停電
 
 ジャカルタとタンゲランにある国営電力PLNの変電所のうち1,746カ所が停止していることから、約15%に当たる7万世帯で停電が発生している。
 
 PLNのファミ・ゼネラルマネジャーは3日、感電などを避け人命の安全を守るために停止を選択したと説明している。


最終更新:2月5日8時0分


『感電などを避け人命の安全を守るために停止を選択した』 って言うのは どうも 一部は本当かもしれませんが おおよそのところでは嘘ですね~! 本当のところは 変電所が冠水して 器機が故障していて 手がつけられないんでしょう。 そうじゃなかったら 水が引いたらすぐ通電するとか、 冠水していない地域には配電できるはずです。

今日は 自宅に携帯電話を忘れて出てしまったので 携帯のカメラで撮影していた写真はありません。 そのかわり スンタールのトヨタ自動車 関係者から メイルを頂いたので 写真と一緒に掲載しておきます。


道路から1m近くあったSUNTER地区の水がようやく引いて、ようやく会社に入ることができました。本日オフィースは電気、水道とも再開しE-メールもOKとなりました。これまで歴史的に何度も痛い目にあっていましたので、既に敷地の周りは鉄壁の防護壁を設置済であり、壁の内側のビル、在庫車両、工場設備などすべて無事でした。ローカルの対応も5年に一度のイベント?のような感覚のようで、きわめてスムーズであり関心しています。




近くのクラパガディンはお金持ちの家が結構冠水しておりみんなしょんぼりとなっていますが、持たざるスンターの人たちは陽気に笑って魚釣りや水遊びです。





































ジャカルタ大洪水 シリーズ


 

[2007/02/08 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 2007年 洪水編
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。