海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

ジャカルタ大洪水 『おまけ』 証言(?)集 その1

2007/02/14

洪水が引いて週末をまたぎ ここの所 逢う人達(特に現地の人)との最初の挨拶は「洪水どうだった?」という今週です。また メイルでもそんな内容のやり取りもあります。 これまでの 海龍の体験とは別に 他の人の体験談としてそれらの お話を 証言(?)集として ここで紹介します。

 C氏の場合 (日本からの現地法人 社長)

 私の会社(工場)は直接の被害は無かったものの スンタールにある販売会社の方は1週間店じまい状態でした。 当然今月の売上はトホホです。 

 ところで私は2月2日(金)の22:10発のJALで日本に向かうはずだったのですがこれがまたドラマでした。

 洪水による大渋滞の情報が入ってきた為、チカランの会社を14:50に出発、クニンガンの自宅で荷物を拾って空港に向かう予定・・・が、何とアパートに着いたのが既に19:30。 何と4時間半 !!! もう既にやばいとは思ったものの、いざとなれば23:45発のガルーダ便があると思い、20:00にアパートを出ました。

 しかし、渋滞は相変わらずで結局空港についたのは23:00。 (空港まで3時間) JALは既に出発済み。 じゃあガルーダへと思ったらガルーダはクルーが渋滞で来ておらず、キャンセルにはなっていないもののいつ飛べるか 目途が立ってないとのこと、結局翌日のJALに変更し、家に戻りました。 

 帰りはスムーズで家には1時間もかからず24:30に着きました。 足しあげると一体何時間車の中に居たのかといった感じですが、けなげに 運転し続けた運転手に本当に感謝しきりです。  

 2月3日(土)は天気はまずまずで、しかしこの日乗り遅れると大変なことになるので念の為16:00(Take Off 時間の6時間前)に家を出ました。 とことどころ水が溜まっていたものの車の量はさすがに少なく、何と 16:50には着いてしまいました。 今度は時間つぶしとの戦いです。 しかし、「リフレクソロジー」を見つけ、意外に早く時間は過ぎていきました。 



 C氏と同じアパートのA氏の場合
 
   私のアパートは、近くの川が溢れて、敷地内に水が流れ込む寸前までにはなりましたが、何とか持ちこたえ、一部地下スペースが浸水するだけで済みました。

 2日間ほど運ちゃんが出勤できなかったので、自分で車を運転して、直感を頼りに道を選択しつつ,タムリン通りの職場まで行きましたが、何とか運良くBanjirを避けることができました。



 F氏の場合 (日本からの現地法人 社長)
 
 会社自体は洪水の被害はありませんでしたが、従業員には今日現在も家の片づけで出勤していないものも居ります

  今日も、そのものの家に陣中見舞いに食糧などを差し入れてきました。 水が1m以上 入ったようで、着の身 着のままで脱出したとのこと。 家電製品などは全滅で、衣類も全て水没だそうです。

 やっと水が引いて、昼間は近所一帯で洗濯など片付けの真っ最中で、しかし、
だ寝られる状態ではないので夜は知人宅で寝泊りしているようです。




ジャカルタ洪水 シリーズ


 

[2007/02/14 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 2007年 洪水編
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。