海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

Biak 遠征報告(3)- ビアックのダイビング ポイント

2007/04/14

 ビアック島の北東部は 太平洋に面しています。 その為、かなり波が荒いそうで ビアック島でのダイビング・ポイントは島の南部に集中しています。 まずは 下の地図をご覧ください。



 マルで示してあるのが ビアックの街から なんとか 日帰りが可能なダイビング・ポイントです。  地図上の Biak の街から Bosnik の村まで車で約20分、距離にして約20km程度ですから だいたいの距離が想像できると思います。

 本当は東の方にある島々 (Padaido Islands) のほうが すごいポイントがあるらしいのですが、残念ながらこちらには 現在ビアックにある ボートでは日帰りは無理なようで、こちらのポイントを廻るには ダイブ・クルーズ船を利用するか、島でのキャンプしか手がないようです。

 地図上で三色の線で示してあるのが 今回の SeaDragon 遠征チームの廻った航跡です。 南のポイントを廻った日には 前述の Bosnik の村まで車で陸路を移動し 船での移動時間の短縮を図りました。


Bosunik村の船着場(?) ここでそのまま 浅場で2時間くらいのシャロー・ダイビングが楽しめそう

 ビアック島一帯は隆起珊瑚でできたものなので、ダイビング・ポイントも オーバーハング気味のウォール・ダイビングが主体となります。 メナドとの比較では インナー・リーフの深度10m位の部分がかなり広く、そこにはこれまでに海龍が体験したなかでもベスト3には入るサンゴ礁が手付かずの状態で広がっています。 言い忘れましたが流れは常にあるようですが、ビューンと飛んでいくような流れではなく適度に楽しめる流れでカレント・フックのお世話には一度もなりませんでした。

 サメが多いようで、今回はほとんどのポイントでグレー・シャークを見かけました。 また イソマグロも何箇所ものポイントで遭遇しており、スーッと通過するのでなくダイバーが珍しいのか周囲を何度も同じ個体が行ったり来たりをするという状況でした。

 
 では 次の回では それぞれのダイビングでの写真などをご紹介しましょう。




西パプア州 ビアック 遠征シリーズ

[2007/04/14 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。