海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

豪州って生意気なんだよな・・・

2007/05/31


 さっき 車の中でラジオを聴いていたら、ニュースになり シドニーでDKIのスティヨソ知事が 任意の取りしらげがなんたらかんたら・・・と言っていた。 事務所について ジャカルタ新聞のWeb をみたら下記のような記事があった。


豪検視官が任意調べ要求

ジャカルタ新聞 2007年5月31日 
スティヨソ知事  東ティモール豪人記者殺害で  シドニーのホテルに滞在中  

 豪州シドニーのホテルに滞在していたジャカルタ特別州のスティヨソ知事が二十九日突然、部屋に入ってきたニュー・サウスウェールズ州の検視法廷職員二 人から、一九七五年、東ティモール侵攻作戦中、豪州人記者ら五人が死亡した事件に関与した参考人として、任意取り調べを要求されていたことが分かった。 怒ったスティヨソ知事は、急きょ予定を切り上げ、インドネシアに帰国。外務省と協議し、駐イ豪州大使を召喚するなど厳重に抗議した。

 ハッサン外相は三十日に外務省でスティヨソ知事と会談して対応を協議。その後、召喚したビル・ファーマー駐インドネシア豪州大使と午後六時から約三十分間会談し、抗議した。同外相は、ハムザ・タヤブ駐豪州インドネシア大使にも豪州側に事実説明と謝罪を求めるよう命じた。

 ファーマー大使は会談後に「会談の内容を今夜、豪州に報告する。現時点では、謝罪を決定していない」と語った。ハッサン外相はダウナー豪外相に直接電話で抗議すると明らかにした。

 スティヨソ知事は「公務で訪問して、このように扱われるべきでないので憤慨している。侮辱された。非政府組織(NGO)が間違った情報を提供したため発生したのだと思う」と語った。

 スティヨソ知事はジャカルタ特別州の姉妹都市であるニュー・サウスウェールズ州のモリス・イエマ州知事から招待を受けて公務で二十七日からシドニーを訪問していた。

 クリスティアルト・ルゴウォ外務省報道官によると、三十日に滞在先のシャングリラホテルに任意の召喚令状を持った検視法廷の職員二人がホテルの職員とともに合鍵を使って、許可なく部屋に押し入った。

 スティヨソ知事は「事件とは一切関係ない」と召喚を拒否して、三十日に予定されていた首都キャンベラでのイ豪の経済界の代表らとの会合をキャンセルしてジャカルタに帰国した。

 インドネシア政府は、豪州人記者ら五人は銃撃戦に巻き込まれて死亡したとして事件の真相の究明調査は終了したとしている。

 一方で、遺族らはインドネシア国軍に殺害されたと主張。今回の召喚も遺族からの働きかけで行われたとみられる。

 一九九七年の知事就任前、陸軍ジャカルタ軍管区司令官を務めた国軍出身のスティヨソ知事は、東ティモールでの軍事作戦に関与したとされるが、同州知事はバリボにいたことは否定している。

 ニュー・サウスウェールズ州警は、スティヨソ知事に任意の召喚を要求したことを認める声明を発表したが、許可なく部屋に押し入ったことは否定した

 インドネシアと豪州の二国間関係は、東ティモール騒乱やバリでの豪州人の麻薬事件などでたびたび緊張。昨年三月には豪州がパプア住民四十二人に三年間の保護ビザを発給したため、インドネシアは同駐豪州インドネシア大使を一時召還して抗議している。

◇検視法廷

豪州では、犯罪に巻き込まれた死者の死因を、訴追の目的とは別に犯罪防止の観点から真相究明する「検視法廷」がある。裁判長は検視官で、裁判は陪審員で構成。
 スティヨソ知事は「バリボ・ファイブ」(五人のジャーナリストが死亡)の死因を追及する検視法廷から召喚状を突きつけられたものとみられる。五月初め、事件当時の豪州首相だったウィットラム氏も証言させられている。
註)アンダーラインは 海龍が書き込んだものです。


スティヨソ知事は ジャカルタ軍管区司令官の任にあったころから、なぜか関係があった人なのだが、最近のちょっとお調子者的 政策にはがっかりしていたところだが、 このニュースをみてびっくりした。

別に スティヨソ知事のサポーターでもなんでもないので、 彼が東ティムール野件にどのように係わっていようが、また豪州法機関から 召喚されようが、その事自体はどうでもいい。

 問題なのは「任意」の召喚令状なのに ホテルの部屋に合鍵で侵入して送達を行ったと言う点だ。 これが「逮捕令状」であれば話は別かもしれない。  この種の送達をするのに、家の前、事務所の前で 本人を張り込んで、出口から出てきたところで 有無をいわざず送達するというのは よく聞く話だが、ホテルの部屋に無断侵入というのは大問題である。 日本や米国ならすぐ住居不法侵入罪で告訴されるぞ!

現地、警察は否定しているようだが、そりゃ肯定はできないでしょうね。 もんなもの 公式に認めたら大変な騒ぎになる。 数人のクビが飛ぶのは間違いない。 だいたい ジャングリラ・ホテル も いい加減なものだ。 支配人は減給処分、フロント・マネージャーと合鍵を渡した担当者は 懲戒免職級 の大失態だ。

こんなこと インドネシア側が嘘を言ってもはじまらないし、 外交慣習を尊重した 送達であれば、スティヨソ知事だってそんなに怒りまくらないだろうから、まず この話は本当なのだと思う。  招待していた NSW知事も面目まるつぶれだし・・・ 政治的陰謀の臭いがプンプン・・・  間違いなく 何人かの首がとぶぜ・・・

だいたい 豪州って 生意気なんだよね。 かつては 黄禍論なんか言ってたし、労働者は金曜日も休みにしろなどとほざいてるし、仕事の質は悪いし・・・  OG気質は嫌いじゃないんだけど どうも 必要以上に自分達は白人国家なんだぁ! みたいな意識が強すぎる。   島流しになった囚人の子孫っていうコンプレックスあるんだよ、絶対。

最近では アジア・太平洋諸国との付き合いをだいぶ考えてはいるようだけど、連中の意識は まだ欧州なんだよね。だから 米国や欧州主導のなにかあるとすぐ 手をあげて 軍でもなんでも派遣しちゃう。 それで隣国のインドネシアのことを馬鹿にしてるんだな、これが。 ある意味で 人種差別の かなりきつい国なんですよ、豪州は。

石原都知事に同じことできますか? インドネシアの知事だから できたんでしょ? 

もっと 中国系移民が力をつけて、政界にでてくるようになると 状況は変わるんだろうけど。

それにしても ジャカルタ新聞さん、 同じ記事のなかで 29日って書いたり、30日って書いたりしないでくださいよ。 まぁ 片っ方は 報道官がそう言ったという言い訳もあるんでしょうけど、 やっぱり ちょっといただけません。










[2007/05/31 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 時事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。