海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

Dr.アイ FAO B.R.セン賞 受賞決定 !

2007/10/21


 欧州旅行や レバラン時ダイビング・遠征などで遅くなったのですが、我らがDr.アイこと 今井伸 博士が 2006-2007年の FAO B.R.セン賞を受賞することが決定され、ジャカルタ新聞に下記の記事が掲載されましたのでご報告します。   

Dr.アイ おめでとうございま~す !!!

 実はこの記事は裏一面トップ記事だったので 一般の方は Webではタイトルしか見れなかったと思います。 Dr.アイご本人より記事のコピーを頂きこちらに転載するものです。

農民に自覚を求めたFAOの今井伸さん 
B・R・セン賞受賞 
ジャカルタ新聞 2007年9月18日
 国連食料農業機関(FAO)本部はこのほど、世界で行わている同機関の農業、食糧保障プロジェクトの現場指導者のうち、最も顕者な実績を残した個人に与えられる今年の「B・Rセン賞」を、FAO・インドネンア事務所地域調整官の今井伸さんに贈ると明らかにした。  

 今井さんは2001年5月にインドネシアに着任し、FAOが世界で進めるド「貧困解消のための農村開発事業」(SPFS)に着手。インドネシア・ラオス・バングラディッシュ・スリランカの4カ国を担当し、この事業を、援助を運用して得た利益を農民組合に返待、農民自身がそれを資本に次の事業に活用する新しい形にアレンジ。インドネシアでは全国48の農民縮合に根付かせ、貧困解消、食糧安全確保に頁献した実績が評価された。

 「BRセン賞」は1987年、FAOの元事務局長だった BRセン氏がFAOをを研究機関から各地域で実際に農業振興、食糧安全確保のプロジェクトを進める機関に改革した功績を記念して創設された。 日本からの受賞は、1994年に江藤誠一さんか受賞して以来二人目。

 今井さんは「今までの『タダてあけるだけ』の援助では、持続性や農民の自覚を醸成できない。自分たちのカでやっていくダこいう意識に切り替えられるかが大事。これからの農業政策か今回の事業を参考に、貧困解消、食糧安全保障確保につながってくれればありがたい」と述べた。

 授賞式は11月17日にローマで開かれるFAO総会で行われる。


■ 農相にプロジェクト報告 

 今井さんは17日、FAOインドネシア事務所のマン・ホ・ソ代表とともにジャカルタ・ラグナンの農業省にアントン・アブリアントノ農相を表敬訪問し、S・R・セン賞の受賞や、6年にわたるプロジェクトについて報告した。

 同席した農業省高官らからは「このブロジュ々トの成功の鍵縁は」などの質問が相次いだ。 アントン農相は「来年、農業省の『農村のための食糧確保プロジェクト』を全国一万六百ヵ所の村に拡大する予定のため『プロジェクト成功のポイントが聞けてとても良かった。今井さんのプロジェクトの経験はとても有用だ』と評価した。
 
 農業省は、今井さんのフロジェクトなどからヒントを得た同プロジェクトを昨年から開始しており、来年に本格的に全国に拡大する予定。    
例によって、ジャカルタ新聞の記事は 日本語がおかしいのですが、取り合えずはそのまま転載しておきます。


 B.R.セン賞に関しては 簡単に 記事中にも紹介がありますが、興味あるかたは こちら B.R. Sen Award: Introduction  に詳細が紹介されています。 11月17日の授賞式が終わっていないためか、まだ 過去の受賞者の一覧表の中には Dr.アイの名前は乗っていません。 

 メダルや賞状とともに US$5000の賞金も授与されると記載されていますが、実は この賞金 1983年以来 変更されておらず、貨幣価値の変動から変更されることが検討されていたのですが、 これが 承認されたようで 倍額の US$10000-に今回からなるはずです。 賞金の多寡の問題じゃぁ、ないんでしょうけど、 頂けるものは 少ないより多い方がいいですよねっ。 Dr.アイ、超ラッキー!

 また 授賞式には 配偶者の招待されるのですが、一人でおいて置けない年齢の子供 (ウ~ン、微妙な表現だ・・・)がいる場合には その子供も含めてのご招待となるようです。 だから レイナちゃんも ご招待? まぁ Dr.アイのことですから 自費ででも連れて行くんでしょうけど。

 授賞式の写真や メダルの写真など 授賞式の後、Dr.アイから 仕入れて またこちらでご報告します。

では あらためて おめでとうございま~す!



関連記事 : 農民に組合経営まかす (FAO)

[2007/10/21 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 時事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。