海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

80cm級の ロウニンアジなど どうでもいい !? - コモド 調査遠征 (3)

2007/10/24

コモド海域 調査遠征 シリーズ 


 今回の遠征中で 一番沢山 遭遇した大物が、なんと言っても ロウニンアジ。 60cm級なら どのポイントで潜っても必ず遭遇するし、このクラスなら群ででてきます。

 80cm級も多く、最初は アッ でっかい!などと 思っていたのですが、数箇所のポイントでは 1m超級まで出没です。 こんだけでかくなると 貫禄十分で こちらから 1m圏内まで す~っと寄ってきて そのでかい目で ワレ~ ナンジャイ! 文句あっかぁ? と睨んでいくのであります。 そんな訳で、途中からは 80cm級の ロウニンアジなどは 無視という状態となってしまいました。

 右上の写真は 安全停止中に 見つけたのですが、 深度10m付近のサンゴ礁にほとんど着底して クリーニング中の巨大ロウニンアジ (今回見かけたうちの最大級で 120cmクラスの超大物)  写真では口を閉じてしまっているのだけれど、こいつが 馬鹿みたいにパカ~ッと口を大開けしている姿は ハタの開口ポーズとは 一味ちがった雰囲気です。 こいつらでも こうやって クリーニングを受けるんですね。

 
 写真には撮りそこなったのですが、 (と言うよりも 今回はちょっとした訳ありで、海龍は 水中カメラを持って潜っていなかったのですが) 1m級の ロウニン・アジ 4匹が 60cm級の カスミ・アジを目茶目茶追い掛け回しているのを見かけました。
 
 ちょうど潮の強い お魚の食堂状態のところで 大型のアジ系の魚が時々 ヒューっと突然動くと 小型の魚が一斉に逃げるというシーンのさなかです。

 何がなんだか 良く判らなかったのですが、後でガイドのCD氏に聞いたら、多分なんらかの理由で そのカスミ・アジは怪我をしていて 大型のロウニン・アジに捕獲の対象とされていたのだろう・・・ とのこと。 まさに 弱肉強食の世界を垣間見たのであります。


 大型どうしの 喧嘩(?) というのでは、 初めて見たのですが 1mクラスの 2匹のナポレオンが 取っ組み合っている(?)のも 一度見かけました。  こちらは ひょっとしたら 求愛行為の最中だったのかもしれません。 普段あの優雅なナポレオンが 猛然と奪取して 相手の後ろに回り込もうとしたりするのは 新鮮なおどろきでもありました。





















コモド海域 調査遠征 シリーズ 




[2007/10/24 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。