海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

ピグミー シーホース は 何種類いるんだ?

2008/01/09

ピグミー・シーホース の分類   

 2007年の クリスマス遠征で またまた メナドを訪れたのだが、 いつものガイド君、 新しいタイプのピグミーを見つけたとかで これを見せたくてしかたがないらしい。  海龍は 今回は ワイドの写真をとるのがメインで、マクロ仕様にはしていなかったので マクロ系には あまり乗り気ではなかったのだけれど 新しいタイプと聞いては 聞き逃すことができない。

  と言うことで 今回は 2種類の ピグミー・シーホースにご対面してきた。  これに思い立って ピグミー・シーホースに関して 少し分類を このシリーズでは まとめてみたいと思う。

 まずは 今回 ご対面の 2種類のピグミー君の写真を掲載してみよう。

  写真は Jennyちゃんと アイスマン氏の撮影 (海龍はワイド仕様につき不可)

  今回は 数回のダイブで 数箇所 で これら ピグミー君とのご対面だったのだが、 上の写真と下の写真では あきらかに種類が違うのがお判りいただけると思う。 この2種類に加えて 海龍達が 勝手に Chiken Pygmy Seahose と読んでいるのを含めると最低でも 3種類の ピグミー君の仲間がいるらしい。 

 これまで Seahose の超小型種を Pygmy Seahorse と呼ぶんだと漠然と思っていたが これを機会に整理してみようと思い立ったわけである。


 ところで今回の遠征では海龍のカメラはギンギラギンのワイド仕様にしてあったので 当然 こういう被写体はパス。 そこで、 『ピグミー・シーホースを撮影するダイバー』 なる構図で写真を撮って 暇つぶしをしていたのであたった。



が ・・・ さらに上をいく人がいた。

 なんと

 『ピグミー・シーホースを撮影するダイバーとそれを撮影するダイバー』 


なる構図で写真をとられていたのであった。











■ ピグミー・シーホース の分類
  1. ピグミー シーホース は 何種類いるんだ?
  2. ピグミー・シーホース ご本家
  3. 勝手に命名した チッキン ピグミー
  4. 最近 メナドで 話題?の 新人ピグミー
  5. ジャパニーズ・ビグミー とは?
  6. 新たな新種
  7. Satomi's Pigmy Seahorse (1)
  8. Satomi's Pigmy Seahorse (2)
  9. Satomi's Pigmy Seahorse (3)
  10. Coleman's Pygmy Seahorse
  11. ゴルゴニアン・シーホース? なんだそりゃぁ・・・???
  12. ピグミー・シーホースの分類 まとめ







[2008/01/09 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。