海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

結構難しい コショウダイの特定

2008/10/17

☆ コショウダイの分類・特定 シリーズ ☆

 コショウダイの仲間は 幼魚時代の姿かたちと成魚の姿かたちがかなり異なることでも知られているんだけれども、 成魚でも 似たようなものが多々ある。 また 英文名は地域によって異なり同じ英文名が地域によっては別の種類を指していたりするので手間がかかる。

左の写真のように違う種類のコショウダイが一緒に群れていることは良くある光景なので注意深く観察する必要もある。



 例えば右の写真を見て欲しい。
これは コモド海域のマンタが大量に出現するので有名な Tata Makassar というほとんど海底が砂利のような場所にポツンとあった岩の陰で群れていたアヤコショウダイである。

 写真の左下の奥のほうになにやらムスジコショウダイらしきものが一匹紛れ込んでいるのがわかるだろうか。

 多分これは本当にムスジコショウダイと思われるのだが、実はアヤコショウダイの若魚は筋が斜めになってなくて縦縞で ちょっとムスジコショウダイに似ているのだ。


 コショウダイ属魚類は幼魚と成魚で斑紋が著しく違い、成長にともなう斑紋変化が激しいために、学名も和名も、昔から混乱が多いし、Web図鑑などでも表示名と写真が間違って掲載されているものもままあるので注意しよう。



ということで 次は成魚間であってもまぎらわしいコショウダイの組み合わせについて触れてみたい。






☆ コショウダイの分類・特定 シリーズ ☆






 

[2008/10/17 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。