海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

悪魔のリング - 恐怖の悪循環

2000/02/01

前文  パニックについて考えてみよう
1.  パニックの定義は何でしょう?
2. パニックの発生を図示してみましょう
3. 悪魔のリング - 恐怖の悪循環
4. パニック防止対策は ???








  最終的にパニックに陥る前段階で、精神的、肉体的要因が複雑に絡まってどんどん状況を悪化させると言う悪循環を起こしていることがよくあります。

精神的要因   肉体的要因
極度の不安感、ストレスは知覚狭窄と言って物事を広く余裕を持って把握する能力を奪っていきます。

危険を予知できにくくなり、不必要な運動、不用意な怪我をする可能性が大きくなる。

  不必要な運動量からくる過疲労、不用意な怪我は、肉体的ストレスを高め、このことは精神的ストレス、不安感の増大に繋がる。
 
  この状態では、通常呼吸が速く、浅くなり効率的な呼吸ができなくなるり、二酸化炭素中毒過呼吸症候群に陥る可能性が増大する 二酸化炭素中毒(所謂、酸欠)は頭痛をよび、過呼吸症候群は呼吸の圧迫感となり、さらなる肉体的ストレスとなる。
自分が異常に空気を消費している事の認識が不安感の増大を呼ぶ 当然、空気の消費量が増加し、人よりも残圧計の数字がどんどん減る。  
  低体温になると、ハイポサーミア(低体温症)までいかなくても、作業能率の低下があらわれる。

能率が悪い為に、不必要な運動量が増え、過疲労になる可能性が高まる。

適切な保温スーツを着用しないことにより、低体温となる。

    強すぎる義務感見栄は不安感、ストレスを増大させます。

    次のような例はよく見かけ、心当たりのある方も多いのではないでしょうか。

1. ダイブマスター(もしくは、他のメンバーに比べてより上位のランク)に成立てであり
  • 自分の能力に不安感があるにも関わらず、義務感が強迫観念にまでなっている
  • 他のメンバーにダイブマスター(もしくはより上級ランクのダイバー)として、格好良いところをみせたい、もしくは、格好悪いところを見せられないという、見栄が強い
2. 初級者であり、実はそれほど自信もないにもかかわらず、
  • 子ども、弟、妹の面倒を見なければならないという義務感が強い
  • 社会的には他のメンバーの上位者(上司とか)である、   または
  • 比較的他のメンバーよりも若干経験ダイブ本数が多い、 または
  • もと運動部系で、常に自分の運動能力を自慢していた, などの理由で、それらしく振る舞いたいという見栄が強い

 
・・・ club SeaDragon 旧サイトより 移転

[2000/02/01 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。