海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

どれが 噂の『ジャイアント・スウィートリップ』 なのぉ・・・?

2008/10/18

☆ コショウダイの分類・特定 シリーズ ☆ 


ダイダイコショウダイGiant sweetlips
Plectorhinchus albovittatusPlectorhinchus  obscurus
クロコショウダイ
Plectorhinchus gibbosus


 ダイダイコショウダイというのは 幼魚のときは 体に橙色の模様があって可愛らしいので アクアリストに人気があるらしい。 で、どこを調べても ダイダイコショウダイの学名は Plectorhinchus albovittatus と言うことになっている。

 ところが、Plectorhinchus albovittatus Plectorhinchus  obscurus も英語名では  と呼ばれることがあるのだ。 ダイダイコショウダイのほうは、 Two-striped sweetlips と呼ばれる事の方が多いらしいのだが・・・

 どちらの種類も コショウダイの仲間としては最大級で1m超まで成長する。 5年くらい前だが ラジャ・案パットに遠征したときに 1人のダイバーが1mクラスのコショウダイを見た! と騒いで仲間達に IMAI Scaleだろ~と馬鹿にされていた。  その時、海龍もチラッと見たのだが確かに 1mクラスで あの唇はまちがいようのなくコショウダイの仲間。 調べてみると確かにそこまで大きくなる Giant Sweetlip と呼ばれるコショウダイが存在する。

 これが 今回話題にしている2種なんだけれど、調べても調べても 違いが判らない。 挙句の果てにある文献、それもかなり信頼性の高いものが、なんと

 Plectorhinchus albovittatus  は同一種であり、別名である。

なんて書いてあったりするのだ。 でも 仮にも学名がそれぞれ付いているのだし、他にそのような記載のある文献は見当たらなかったので 一応これはガセということで理解することにしよう。

で、今回 コモドで 何度もみかけたアレは どっちかというと、これまた決め手に欠けるのだ。 そもそも 両者の区別がはっきりと認識できていないのだから 仕方が無い。

取り合えず 海龍の 勝手な断定で Plectorhinchus  obscurus である、としておこう。








☆ コショウダイの分類・特定 シリーズ ☆




[2008/10/18 記]  

テーマ:海水魚 - ジャンル:ペット

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。