海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

Jl. Benhil Raya での火災 (その2)

2011/09/28



これが 昨日の様子

 今日、事務所にやってくると 事務所の前の教会の前に 白いテントが張ってあり、なにやら 屋外厨房の様子。 で うちの事務所の横には Mobile Kitchen とプリントされている 妙な車が・・・ はて、教会でなにか 食事を大量に必要とする行事でもあるのかと思ったら、 教会としての 火事被災者に対する 「炊き出し」でありまし
た。




 火災現場へ続く路地の入り口には 早速 飲料用らしい給水設備が 近所に本店のあるBRI (元国立商業銀行のひとつ)から設置されており、 Kelurahan (東京風に言えば 区役所の出張所みたいなもので、行政最小単位) からは 古着の支給がすでに始まっていました。 なにごとも ゆったりとしか すすまない インドネシアにおいて 昨日の今日のこの対応には『 やればできるじゃん! 君達』 というところであります。

 行政組織である Kelurahan の対応が早かったことは 本来 行政とはかくありき・・・という感じなのですが、驚いたのは BRI の対応の早さです。 いかに 元国立とは言え、 独立採算の大企業が、いかに本店の裏とは言え この速さでの対応には 賞賛の念を禁じえません。

 他にもいろいろな組織が 救援物質をくばるテントをたてているのですが、そんな組織にとっても 場所は「 社会的貢献」のアピールの場所として重要です。 現場に近くて 人目につく場所ほど 立地条件はよいということになりますが、 BRI の各テント(なんと1箇所ではない!) は それぞれ かなり 有利な位置を確保しているんです。

 いかに 出足が早かったかを物語っていますね。

 それに比べて、BRI のすぐお隣には 某日系銀行もあるんですけど、なんにもやってません。 きっと 日本の本社にお伺いでもたてているのでしょうねぇ・・・

 いくつかの政党もちゃっかり 救援テントを出しています。 彼らの特徴は やたら 政党の旗やノボリをその辺に立てまくること。 それでも 何もしない政党よりは 地域住民の支持を得るんでしょうね。 東北の地震のとき、日本の政党もこれくらいすばやい対応したんでしょうか・・・

救援物資は 古着、水の他に 米やセメントも山積みとなっていましたけど、米はともかく セメントは気が早すぎないかなぁ・・・


 まぁ・・・ いろいろな思惑もあるのでしょうが、 インドネシアの人たちが これだけの素早い対応ができること、あらためて少し見直しました。


<その1へ戻る>



[2011/09/28 記]  

テーマ:インドネシア - ジャンル:海外情報

  1. |
  2. [インドネシア・ジャカルタ] 時事
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。