海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

メナド遠征 (2006年8月)

2006/08/21

日程        :  2006年 8月16日(水) - 8月20日〔日)
ダイビング本数 : 10本 (内 ナイトダイブ 1本)
参加人数     : 5 名 


  S
eaDragon
では毎年 2回は訪れるメナド。 今年も3月に続いて2回目の訪問です。 8月17日のインドネシア独立記念日が木曜日にあたったことと、インドネシア政府の連休化政策で レバラン休暇を除いては おそらくインドネシア史上初の5日間の連続休み。 そのせいもあり、航空会社・代理店も大混乱で ダブルブッキング多発となり、我々もその煽りで 本来21日までの予定が1日短くなってしまいました。


    実は8年近い付き合いで、いつもお世話になっているガイドのフランキー君が 7月の初めにバイクの交通事故で他界されてしまいました。 合掌・・・   と言うことで今回は 彼の後釜候補のノディー君がガイドです。 SeaDragon 一行は 実は オペレーター側ではガイドにすごく気を使っているんです。 だいたい 私、海龍が 超うるさい上、グループ全体が統率がとれていて 時間に正確。 おまけに ダイブマスター候補生が時々まじっていて ガイド観察・評価の課題を与えられていたりする。 ヘボだと 次のダイブから即クビにされちゃう。 そんな訳で 古手ガイドのエッビー君がよそのグループの担当なのになんやかんやと ノディー君をサポートしていました。 (エッピー君もその昔、海龍に目茶目茶 叱られた一人ですが、今では 日本の雑誌に紹介されたるするくらい立派なガイドになっています)  上の写真が 今回のガイドのノディー君。 (そんな素手で海ヘビ持たなくても及第点だよ~!



<でっかい海亀と戯れるメンバー>


  今回は 小潮で 流れは強くないはずだったんだけど、選らぶポイントと時間の関係で ものすごく流れが強かった。 初日のタンジュン・コピ では 深度28mで エアーが文字通り真横に飛ぶものすごさ。 マラ・トゥアのチャンネルも顔負けだ。 そのせいもあってか光物系大物はガンガン。 1m超級の ロウニン・アジがバンバンでてくるわ、1m20cm級サワラは 超接近してくるわ、イーグル・レイは目の前でずっとホバーリングしてくれるわ・・・・ お約束のバラクーダ、ギンガメの群もちゃんとでてくるわ 大満足でありました。




 
  で、今回の特記事項は次の2つです。 一つは スラウェシ本島横の沈船ポイント。 ここは 比較的透明度が悪いところで 良くてもせいぜい15m程度なのに 今回は30m以上はあるというすばらしさ。 何度も潜っている場所ですが初めての経験です。 潜降開始5mで早くも沈船が見え始め、深度10mでは沈船の全容が上から見えるという状態です。 あまりのすばらしさに海龍はしっかりとデコを10分以上出してしまいました。

  スクリューの位置は 水深37mくらいなんだけど ものすごく明るいので深度を感じさせない。 左のスクリューは無くなっている (多分 昔 地元のダイバーが上げちゃったんでしょうね)けど右のスクリューは健在。

  左の記念写真は船首部分で ここで23mくらいだから、 プラウスリブのプラムカ沈船と ほぼ同様な配置関係になる。



  もう一つの話題は、新ポイント。 なんと メナド市の 新しい買い物の中心、海岸沿いの埋立地にできたメガ・モールのまん前。 エ~ッ、こんなとこで潜んのぉ~! という場所です。 ここは 西のポポ に似た単なる砂地のゆるい斜面。 でも ちゃんと ゴースト・バイプフィッシュや ジョーフィッシュ、ミミックもどきのタコ、シーホースなんかがいるんです。  比較的浅いんで 1本あたり75分くらい潜ってしまいました。 〔x 2) 






  今回 海龍は珍しく カメラなしのメナドです。 実は 愛用の オリンパス c-5050 が ニコンD200 を買ったことにへそを曲げて勝手に ON・OFFを繰り返すという 珍現象を起こしたので お仕置きに家に放置してきたのでした。 今回の写真は全て Jennyちゃんの撮影です。

(左の写真は Yoshi K氏撮影の海カメとポーズのジェニーちゃん)




 テストも兼ねて 写真を多用してみたので 少し重いかもしれません。 重かったらごめんなさいです。

[2006/08/21 記]  

テーマ:ダイビング - ジャンル:スポーツ

  1. |
  2. [ダイビング] 移転済記事
  3. | コメント:1

写真の貼り付け

 頂いた写真をコメント欄に貼り付けようと思ったら FC2ブログでは コメント欄にタグは使えないので駄目でした。

 スクリプトを利用すれば出来ないこともないようなので、今後研究しておきます。(でも そんな必要性はあんまりないかなぁ・・・)

  1. 2006/08/23(水) 18:52:19 |
  2. URL |
  3. 海龍 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。