海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

女系家族 (2005年 TBS版)

2006/08/23

*** この シリーズは ネタバレを含みますので ご注意ください ***  

  昨日 いつもの Mangga Dua の DVD屋に顔を出したら おばちゃんが どっさりと箱で 日本のドラマ・シリーズを出してきた。 全部で20本くらいあったのだが 「エンジン」「協奏曲」など既に購入済みのものもあり、お財布との相談でそのうちのいくつかを購入した。 それでも 全部で DVD 75枚にもおよび大散財だ・・・

  そのうちの1つが「女系家族」。  参考記事 : 海龍のつぶやき 女系家族 (2005年) 追加

  例によって 夕方から見始めて 深夜まで一気見をしてしまった。 米倉涼子は 悪女役が続いているという噂だったのだがけなげな 昔風2号サン(?)を演じている。 表紙の写真から最後にはケツまくって 極道の女シリーズの姐御のようにタンカ切るのかなと思ってたら 最後まで押さえていて、 少し残念。 米倉涼子の姐御姿も見てみたかったのだが・・・

  山崎豊子の原作は 戦後の船場が舞台だから 今から60年前が時代背景。 これを現代にアレンジしているんだけど浜田文乃の子供が 矢島嘉蔵の本物の子供かどうかが 焦点になる争いは見ていて違和感が溢れる。 DNN鑑定で一発なんだよねぇ・・・ 原作の時代背景では そんなものないから 当然、認知したとかしていないとかになるんだろうけど 現代アレンジではあれは ちょっといただけないな。

   5代続いた女系家族ということで 和室の鴨居のところにずらりと歴代の御当主夫妻の白黒写真が並んでいる。 あれ見てて 親父の実家にもそんなのがあったなぁ・・・と思い出していたら ふと気が付いた。 5代ということは 1代を20年としても100年。 30年とみると150年だ。  即ち 初代は明治の初めか江戸時代に遡ることになるなるのだが、あの写真はどうみても 大正から昭和初期の写真だぞ~! と突っ込んでおこう。 それにあの仏壇はその手の旧家にしては小さすぎると思う。 親父の実家はあの家ほどでかくはないのに、あの3倍の大きさはあったぞ。

  高橋克典が 日本舞踊の家元というのもおもしろい。 いい奴なのか悪い奴なのか’最初は判らなかったけど 結局冷血な守銭奴だったわけだ。 んっ~ でも 乗ってたメルセデス 海龍好みで いいですなぁ・・・

  そう言えば 浅田美代子がでてた。 浅田美代子といえば 大昔、例の女湯で裸の出てくるんで有名だった「時間ですよ~」のド下手演技と下手な歌、及び 吉田拓郎を思いだすんだけど いい叔母さんだね。 でもいい歳で あの眼はなんか少し違和感あるんだよね。

  香椎由宇 は三女で大学生の役なんだけど、 彼女はどうしても 「ウォター・ボーイズ」のマドンナのイメージが強いのは僕だけだろうか。 映画の「ローレライ」にもでていたけど 役者としてはまだまだだね。

  途中で三姉妹の悪道ぶりに 飽きるというか疲れもしたけど まぁ一気見できる内容ではありました。

海龍の評価 B- 



[2006/08/23 記]  

テーマ:DVD - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. |
  2. [ CD Dragon ] 鑑賞 コメント
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。