海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

さすがシリーズが続くわけだ ~ こちら本池上署

2006/08/30

*** この シリーズは ネタバレを含みますので ご注意ください *** 

 ここのところ ドラマ評論家なみに ドラマを見まくっている海龍です。 さて 「こちら本池上署」 (第1シリーズ)なんですけど これをみて さすが 第5シリーズまで 製作された シリーズだなって感じを受けました。 全体の外枠が決まっていてシリーズを通しての視聴者を引き付ける謎、(署長の3不思議、 菊川刑事殺害事件)があった上で、1回1回の枠ないでそれぞれのお話も完結する構成。 こういう構成ってシリーズ途中からみても見やすいんで視聴率を稼ぎやすいらしいですね。 (キムタクの「ヒーロー」なんかと同じ 構成)  漫画週刊誌連載の漫画が原作、主役が 超売れっ子でないっていうのも 連作しやすい状況をつくったんでしょうね。

 警察が舞台だから当然、事件捜査や捕り物がでてくるんだけど、いわゆる刑事モノじゃなくて 警察署を舞台にしたホーム・ドラマって感じでしょうか。 超長寿漫画の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」 (なんせ 1976年から一度も休刊せずに30年も続いているんだから もう お・ば・け!) をパクッたタイトル(原作タイトルは「警察署長」) 両さんは 巡査長で交番勤務、こちらの主役はキャリアの警視正で警察署長っていう違いはあるものの 型破りって言う点では共通してますね。

  ちなみに 巡査長っていうのは正式の資格じゃないんですってね。 巡査の上はあくまで巡査部長で昇格試験があるんですけど 刑事分野でなかなか受験できない人や 両さんみたいに勉強したくない人の為に 一定期間 巡査やっているとご褒美(?)的につく呼称みたいです。 でも給与もあがるようですけど。

  さて一方の警視正なんですけど これはかなり偉い。 役職としては、警察庁の本庁理事官・室長・調査官・管区警察局課長、警視庁の本部参事官・主要課長・方面本部長、道府指定県警察本部の本部参事官・主要課長、中小規模警察本部の部長・主席監察官、大規模警察署の署長。 キャリア組の場合は 30歳台半ばで 昇進するようです。

  椎名署長は子供の年齢(中学2年)からみて30台後半。 10年間 この本池上署の署長をやっているらしいから 30前に警視正になったのだろうか? (それとも本池上署はもともと中規模警察署で署長は警視クラスだったのが 途中で大規模警察署になったのだろうか?)さすが警察大学トップという出世。 同期で出世頭が方面本部長でまだ同じ警視正だから けしてドラマのなかで言われているような出世遅れじゃないんですよねぇ・・・

  ちなみに警視正の上の階級は警視長で こちらは キャリア組の場合は40歳中ごろから昇任するらしいのでこのあとどうなるかってあたりの時期なんですね。 さて階級の話では副署長の青柳さんは警視。 まあ これは順当なところでしょうか、で 刑事課長の前田さんも警視。 このへんから少し???がでてきますよ。

  椎名署長が警視正で青柳副署長が警視、前田刑事課長も警視。 これは本池上署が大規模警察署であればそのとおりなんです。 たしかにドラマにでてくる 警察署の建物はかなりでかいんできっと 大規模警察署なんでしょうね。 でも その割りに 刑事部屋にいる人数すくなくないですかぁ? あんな狭い場所で 刑事1課、2課、生活安全課が同居してて 課長は兼任・・・ どうみても 小規模警察署ってところじゃないのかなぁ・・・

  この辺では シャーリーさんの旦那の警部殿を思い出しちゃいました。 普通の大きさの警察署なら課長さんは警部クラスじゃないのかな・・・なんてね。

  金子賢の水木刑事をみていると どうしても「ごくせん」でちょび髭のテキヤ姿を思い出しちゃうのは海龍だけでしょうか? 橋爪功は 先日鑑賞した 「女系家族」のこずるい大番頭役とだぶります。 役者さんにはやっぱり一定の味っていうのがあるんですね。

  細かいことは抜きして 肩意地はらずに 楽しめるドラマでした。 お茶の間受けもいいでしょうね、この手のドラマは。


海龍の評価 ・・・ A- 





[2006/08/30 記]  

テーマ:ドラマ感想 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. |
  2. [ CD Dragon ] 鑑賞 コメント
  3. | コメント:0

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。