海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

やっと出遭った 「東京ラブストーリー」

2007/01/25

先日 「101回目のプロポーズ」の海賊版を買ったところを 覗いていたら 「東京ラブストーリー」を発見したので 迷わずゲットしました。

主題歌の「ラブ・ストーリーは突然に」は小田和正の作品のうちで一番好きな曲なのですが、 このドラマも見たことがなかったんです。

平均視聴率は22.9%、最高視聴率32.3% という数字もさることながら、もっと高い視聴率のドラマもあるのに 思い出にのこるドラマのベスト 1 にランクされるという話題作。 

海外では 最新ものの DVD は 本物・海賊版を問わず 結構出回ったりするのですが いくら名作でも古いものは入手困難なのが実情です。 それで もう完全に諦めていました。 実際、織田裕二の13年ぶりの月9復帰ドラマ 「ラスト・クリスマス はとうにゲットしていましたから・・・

このドラマをきっかけに織田裕二が大ブレイクしたという話は知っていたのですが、本当は赤名リカ鈴木保奈美) が主役なんですね。 当時も この赤名リカ スタイルがものすごく話題になっていたということも ドラマを見てから Web上で知りました。 なんせ、 放送された1991年当時は 日本の雑誌なんか 全く興味なかったので 。

DVD の表紙写真も 織田裕二じゃなくて 鈴木保奈美だし、 ドラマを実際にみて 納得しました。

でも カンチ君、優柔不断の駄目男ですねぇ・・・ 海龍の持っていた織田裕二のイメージとはかなり違っていた。 特に 7話以降は お話的にも 面白くなく、「101回目のプロポーズ」 と同様に前半のほうが言い出来のように感じます。 どうも 役者としての織田裕二も この カンチがあまり好きでないようで 途中から役柄をつかみきれなくなり(原作と脚本と自分のイメージとのギャップが原因)、結果的に演技的に失敗で 「途中放棄」 と言っているらしいですね。

ドラマのなかの サトミちゃんは 海龍的には一番嫌いなタイプの女ですね。 さらりと演技しているけど この歳になって見ると純情そうな顔をしても 女のしたたかさ がにじみ出ている・・・ ワァー 厭だ 厭だ。  リカ スタイルは 実際に自分の前にあんな娘がいたら やっぱり疲れるでしょうね・・・ 演出なんでしょうけど ちょっと 悪ふざけ的な やりすぎ感がありますよね。 男は結構 ナイーブだから傷ついちゃいますよぉ。 

で、 ドラマの3年後のシーンは全くもって 蛇足という気がしてならないのは 海龍だけでしょうか。 サトミとカンチを結婚させているのが 全く気に入らない。 あの二人をくっつけちゃ味がでないんですよ。 あの二人は色々あってもくっつかない、 で、街でリカに逢った時のカンチはまだ一人モノ。 まだ未練たっぷりのカンチで 最後の屋上と公園の別れのシーンを迎えたかったですね。 海龍が脚本家なら絶対にそうした!

主題歌が これほどドラマ内容にマッチして 随所で使われたドラマも あまり他にないんじゃないかと思うくらいに「ラブストーリーは突然に」はすばらしい曲ですね。  ドラマを見たおかげで ますますこの曲が好きになりました。

さて 織田裕二ですが、 「ラスト・クリスマス」 と 比較すると 13年も時間があるのに 顔も体形も声も 全体のイメージも全然変わんないですねぇ・・・ 怖いくらい。  かつて 宇津井健 なんかのように イメージがかわらないまま 序ジョに歳を重ねていった名優さんと同じようになるんでしょうか。  一方の 江口洋介が 顔は変わんないものの やっぱりあの 強烈にダサい長髪が なくなって イメージ的にはかなりかわっているのと好対照という気がします。


外部リンク :

リカとカンチ 「東京ラブストーリー」
悲恋の結末にファン涙





[2007/01/25 記]  

テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. |
  2. [ CD Dragon ] 鑑賞 コメント
  3. | コメント:5

インドネシアでも昔、放送されたとか

今日 日本製のドラマDVDを扱っている店のネエチャン(華人)と話をしていたら 「東京ラブ・ストーリー」は昔(10年くらい前?) こちらでもTVでやっていたそうで、当時彼女も夢中になってみたそうです。
  1. 2007/02/07(水) 18:30:54 |
  2. URL |
  3. 海龍 #-
  4. [ 編集]

反則の意味。

↑の題の反則とは、
サトミちゃんのような純情被りのしたたか女のことです。
こういうテクニックは意図的でも、天然でも
反則技だと思います。
  1. 2007/02/04(日) 11:34:45 |
  2. URL |
  3. 鬼軍曹カオリ #-
  4. [ 編集]

反則ですよ~

一定年齢以上の女性、って何歳くらいなんでしょう?

(今年年女の私を含め)猪年女の同級生は
なんな気が強い女子ばかりなので、周りにサトミちゃんタイプの
女性を認める人はいないですよー
猪女は直球なんですよ。猛進型ですからね。

カンチが最終的にサトミちゃんを選んだのは、
リカが都会的で自分よりも仕事ができる娘だったからじゃないかな?
結局、田舎もん同士のほうが落ち着くってことなのかな。
リカはそんな田舎もんのカンチが好きだったのにね~

  1. 2007/02/04(日) 11:31:27 |
  2. URL |
  3. 鬼軍曹カオリ #-
  4. [ 編集]

やっぱりね~!

鬼軍曹カオリちゃんはやっぱりサトミちゃんが嫌いでしたか・・・
想定どおりのコメントで安心しました。 でも 世の女性、それも一定年齢以上の女性の中には「女はあれがいいんだ」という考えも結構強いらしいですよ。 自分が歳を重ねてから再度見ると違った感想をもつようです。 でも 海龍は嫌ですね。 特に気に障るのがいくら同級生でも「君」でいつまでも何度も何度も軽く呼ぶな!ってとこかな。 単なる同級生を超えているんだし。
  1. 2007/02/04(日) 02:03:07 |
  2. URL |
  3. 海龍 #-
  4. [ 編集]

懐かしい~

 「東京ラブストーリー」は、私が女子大1年生の頃に
欠かさず観てました。
リカの髪型やファッションを真似てましたね~
あのドラマを観てから、
サトミちゃんのような純情そうでしたたかな女の子には
気をつけようと肝に銘じてまいりました。

そういえば、4年ほど前に松山に旅行に行った時
ふと乗ったローカル電車の駅(海沿いの)が
「あの最終回に出てきた駅だ!!」と気がつき
降りてしまいました。
ホームの手すりには10年以上経っても
ハンカチがちゃんと結んであるんですよ。
でも、カンチの学校がどこにあるのかわかりませんでした。
  1. 2007/01/31(水) 20:33:08 |
  2. URL |
  3. 鬼軍曹カオリ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。