海龍のつぶやき - Mumbles by the SeaDragon -

◆カテゴリー:[ CD Dragon ] 鑑賞 コメント
≪Prev. Next ≫

スポンサーサイト

--/--/--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- 記]  

  1. |
  2. スポンサー広告

Hotelier - なんじゃ こりゃ?

2007/06/23

 
先日の6月14日に最終回がTV朝日系で放映されたばかりのはずの 「Hotelier」なるドラマの海賊版DVDをなんと6月19日に近くのDVD屋でゲットした。 なんとも恐ろしく手早い海賊版出版の世界だ。 それも各DVDの表面には絵がちゃんと入っているのだ、いやはや恐れ入りました・・・

  もっとも このドラマが2001年の韓国版のリメイクであることとか、放送が終わった直後だとか言ったことは さっき知ったばかりなのだが…

オリジナルが韓国ドラマということもあってか、オリジナル版では 企業ハンター役で出演していたらしい ペ・ヨンジュンが特別出演したり 、ソウル・ロケが盛り込まれている。 どうも かなりお話は オリジナル版に忠実らしいのだけれども そちらは見ていないので、 単純に 今回のドラマだけで お話をしよう。

舞台となる 東京オーシャン・ホテル は ホテルものでは しょっちゅう登場する 例の 『「ヒルトン・東京ベイ ホテル』 だ。 昔、近所に住んでいた時期もあり ちょくちょく出入りもしていたので懐かしいホテルでもある。 ところで TV朝日は 悪乗りして この架空の 東京オーシャン・ホテルの Web Site を作ってしまったのだ。  ヒルトンの物まねではあるんだけど、ちゃんと緒方総支配人のご挨拶まで載っていますぞ。

ホテルもの、総合商社もの、デザイナーもの、広告業界もの・・・ いろんな分野を背景にしたドラマがたくさんあるんだけれど、 それぞれの業界を知っている人にとっては オイオイ、なんだよ、そりゃぁ・・・?! って内容が多いんだけれども このお話も その点では突っ込みどころ満点。 ドラマはドラマで 突っ込んじゃいけないんだけど、ちょっと 重大な設定に係わる事だけを書いておこう。

今の大型ホテルで、一つのホテルが一つの会社になっていて 所有・運営を行っているところは おそらく皆無。 高級旅館や リゾート系ではまだ あるだろうけど、現在のホテルのほとんどは 所有会社(オーナー)と運営会社(オペレーター)は 全く別。 ヒルトンで言えば、世界中のヒルトンと名の付くヒルトン系のホテルで ヒルトンが物理的なホテルの所有権の一部でももっているのは 数軒あるかないか。 ちなみに シャングリラ系は 比較的所有権の一部をもっているようだ。 だから現代では このドラマのようなお話自体が 成立しないんです・・・ね。 50年くらい前までならともかく。

あれだけの大規模ホテルの総支配人が30歳代のわけがないでしょ・・・ それに 総支配人がフロントの中に自分で立つことなどありえない。 VVIPを 玄関でお出迎えすることはありますけれどね。  あれでは 総支配人ではなくて フロント・オフィス・マネージャーです。 そういえば 事務所もルーム・ヂビジョンの中にありましたね。  ドラマの中では ランクが 2~3階級 インフレになっています。 石ノ森章太郎原作で 5シリーズまで製作された 「ホテル」のほうが まだ ホテルらしいかな・・・

まぁ、なんやかんや 突っ込みどころはあっても かなり面白いドラマで、9話で完結しちゃうのが もったいないくらいに楽しませて頂きました。 普通より2話少ない事もあって 一気見してしまいました。

 及川光博 演じる M&A 専門経営コンサルタントが 及川光博らしい味で なかなかいいですね。 田辺誠一も いつもと違って こけない(?)役柄。 いっつもは 最初かっこよくても 途中でこける役が多いような気がするんだけど。

 主役の上戸彩、 このコは ものすごく可愛くみえたり、ブスに見えたりの不思議なコです。 今回は竹中直人も 全然おふざけなしで 怒り顔主体です。  片平なぎさは 若いときの顔のまま歳喰ったと言う感じで、若い頃の美しさ・可愛さと 歳をとっての女性の美しさとは 違うと改めて感じてしまいました。

森本会長(竹中直人)の娘が、ちょっと・・・なんですけど、 まぁ 久しぶりに 鑑賞コメントを書く気にさせるドラマでありました。



[2007/06/23 記]  

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. |
  2. [ CD Dragon ] 鑑賞 コメント
  3. | コメント:3

<< 前のページ | | 次のページ >>

プロフィール

海龍

Author:海龍

内容分類 ・ 内容別 目次

 

SeaDragon 海龍亭 別館 SeaDragon 海龍のつぶやき -ダイビング編

最近の記事

リンク

サイト内検索

Best Regards !!!





blogram投票ボタン





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。